多重債務した借り入れを解決する方法は

キャッシングベスト3

多重債務した借り入れを解決する方法はあるのでしょうか

私は多重債務者です。一度した借金の返済が滞り、他のところから借金をして返済に当てていました。また返済ができずに他のところから借りて…を繰り返していたらあっと言う間に今の多重債務の状態になってしまいました。

もうどうしたらいいかわかりません。多重債務を解決する方法はあるのでしょうか?

多重債務の解決方法は二つもあります!

借金を借金で返済していくとどんどん借金だけが膨れ上がり何の解決にもなりませんよね。そうした自転車操業で多重債務者となってしまう人は多くいらっしゃいます。多重債務を解決する方法は二つあります。

一つはおまとめローンによる借金の一本化。二つ目は債務整理による借金の整理。やり方は異なりますが、まずは多数ある借金を整理することが解決の近道になります。

まず、おまとめローンです。これは複数社から借りた借金をひとつにまとめて、管理をしやすくする方法です。毎月いくつもあった返済日が一回で済むことと、借金が一つになることで利息が減ります。ただし、おまとめローンは通常のローンよりも審査が厳しくなっています。数社にわたってした借金の金額を一社で借入するのだから、審査が通常よりも厳しくて当たり前です。また、借入社数が多ければ多いほど審査に落ちる可能性もあります。借入社数が多いということは、それだけ信頼度が低くなってしまうのです。

それでも、一つにまとまればまだ返済ができるかもしれない場合はおまとめローンを利用する価値があります。

次に債務整理です。債務整理には自己破産・任意整理・民事再生・特定調停の4つがあります。

自己破産はどうにも返済ができる状況でないことを裁判所に認めてもらうことで借金がなくなります。

任意整理は弁護士・司法書士を自分の代理人として金融会社と話し合いをしてもらうことで減額・将来利息のカットなど数年かけて返済を行えるように返済計画を立てる方法です。ただし、安定した収入が必要です。

特定調停は自ら簡易裁判所に申し立てを行い金融会社と借金について話し合いを行うことで減額などしてもらう方法です。

民事再生は家や車など手放したくない財産は手放さずに返済額を減額する方法です。これには300万円以上の借金があって、なおかつ安定した収入もあることが前提になります。

この4つで一番行いやすいのが任意整理になります。弁護士・司法書士に依頼料を払う必要はありますが、間に入って金融会社と話し合いをしてくれるので直接金融会社と話さなくてもよくなります。また、返済計画を一緒に考えてくれるので一人で借金について悩まなくてもいいのは気持ち的にとても楽になります。任意整理を行うと借金の見直しが行えるので、過払い金によって借金の大幅な減額やすでに返済が終わっていたりなんて場合もあります。

このように多重債務者になってしまっても解決方法はいろいろあります。もうどうしていいかわからない状態だと冷静に考えることもできないと思います。一人で悩むのはとても辛く、ネガティブなことばかり考えてしまいます。

法律事務所などでは無料の相談をしてくれるところがあるので、まずどうするかは置いといて、プロに相談しにいくのが一番です。決して諦めないで多重債務から抜けだしてください。

多重債務でも工夫次第で上手に借り入れできる

パソコンや携帯からインターネットを通じて簡単にお金を借りられるようになっている現在、キャッシングは手軽に利用できることが大きな魅力となっています。少額からの借り入れや無利息のサービスなど初心者でも借りやすいプランが多く、冠婚葬祭やレジャー、買い物といった出費に頻繁に利用している人も大勢いるのではないでしょうか。

しかし、このような手軽さから借り入れを繰り返して、返済に窮してしまう人も実は少なくないのです。金融庁ではキャッシング返済に関するトラブルが急増したことを受けて、借り入れに一定の上限を設ける貸金業法を平成22年に改正しましたが、それでも多重債務に陥ってしまう利用者をなくすことはできていません。つまり、お金を借りる本人がいかにきちんと返済計画を立てるかが、やはり一番のポイントになると言えるわけです。
多重債務で返済が困難になってしまった場合には、おまとめローンを利用するという方法があります。おまとめローンとは複数のローンを一本化できるローンのことで、銀行や信用金庫、消費者金融など数多くの金融機関で実施しているサービスです。

おまとめローンの最大の利点は、現在の金利よりも低い金利に借り換えられる可能性があるという点にあります。例えば多重債務の中に15%の金利で借りているローンがある場合、15%以下の金利が適用されるおまとめローンに借り換えることで金利にかかる負担を減らすことができます。このローンの金額が高ければ高いほど、わずかな金利の差でも大きな負担減につながるわけです。

また、多重債務は返済日がバラバラであるため、うっかりしていると引き落とし日に残高が足りないなどのミスを起こしやすくなります。このようなうっかりミスも、おまとめローンに一本化することで防ぐことができるようになります。一月の間に何日もあった返済日が一度にまとまりますので、資金管理が苦手な方にもぴったりだと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 増額をバンクイックから断られる方はこの会社で! All Rights Reserved.