奨学金返済が苦しいが遅れて大丈夫か

キャッシングベスト3

奨学金返済が苦しいのですが少し遅れても大丈夫ですか

三年前に大学を卒業して就職しましたが、いろいろあって職を転々としてしまいました。今は落ち着いて働いているのですが、そこまで給与の多いところではありません。また一人暮らしもしているため、生活していくのに必死で奨学金の返済が苦しくなってきています。特に今月友人の結婚式などが重なり、出費が多かったため払えません。奨学金の返済は少し遅れても大丈夫でしょうか?

遅れることにいいことはありません!

遅れても大丈夫ではありません。奨学金は借金です。借金の返済が遅れると保証人に催促状がいきます。貴方が返済が遅れることで他の人に迷惑がかかってしまうのです。できれば遅れることなく返済をすることをオススメします。

とは言っても近年、奨学金の返済ができない人が多くいます。災害や病気・経済困難・失業などによって返済が困難になってしまった場合は減額返還の制度があります。また、同じように経済困難に陥った場合、申請をすると一定期間返還を先送りにできる返還期限の猶予を申込むことができます。返済が厳しい場合はこれらの制度を利用してみるのも一つの手でしょう。

ただ、ご質問者様は今月が厳しいだけのように感じられます。できるならばご両親に事情を話して立替をしてもらうか、消費者金融を利用してその分だけ先に返済を行うかする方法が良いのではないかと考えられます。消費者金融を利用する場合は必ず次月の給与日に返済することを決めておきましょう。また、必要以上に利用しないことも心に決めておかないと、奨学金にプラス消費者金融の借金も増えていくことになります。

また、奨学金は消費者金融の借金同様、返済が一定期間遅れるとブラックリストに載ります。ブラックリストとは、個人信用情報に延滞していた履歴が載ることです。これに延滞履歴が載ってしまうとキャッシング・ローンはもちろん、クレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。そうなると履歴が消えるまでは、住宅や車の購入にも支障が出てしまいます。

奨学金がとても多額な借金であることはわかります。毎月払っていくことが厳しいことも確かです。しかしながら、返済することを約束して借りたお金です。しっかり返済しておきましょう。

奨学金返済が苦しい時にできる解決策とは?

不景気の影響もあり奨学金を利用する人は、年々増えています。そして一人当たりの借り入れ額も、増加の一途をたどっているのです。当然ながら奨学金は借金と同じですので、返済の義務があります。しかし現在、卒業後についた仕事で給与が思うように伸びなかったり、そもそも仕事そのものにつくことができず奨学金返済が苦しいというケースが増えているのです。奨学金とはいえ、返済が滞ると督促の連絡がきます。督促を無視して滞納を9ヶ月以上続けると一括返済を求められますが、そのまま奨学金返済が出来なければ差し押さえが行われる可能性もあるのです。

それでは奨学金返済が滞ってしまいそうな時にできる解決策はあるのでしょうか?一つ目の答えは借入れ先に相談してみることです。事情や家庭の状況によっては、返済期限を延長してくれることもあります。第二の答えは、キャッシングを利用することにあるのです。キャッシングを利用すれば、差し押さえなど最悪の事態を防ぐこともできるのです。とりあえず奨学金返済のために必要なお金をキャッシングし、返済してしまうのです。

キャッシングで借りたお金の返済については、毎月の返済額を借入れ時に相談することができるので、毎月の経済状況は随分と楽になるはずです。キャッシングの利用はたとえパートやアルバイトであっても、一定の収入があれば利用できます。そして目的にも制限はなく、奨学金返済であっても借り入れはできるのです。

キャッシングしたお金で奨学金を返すことができたら、今後の経済的な計画についてじっくり考えることもできます。キャッシングによって、心の余裕も生み出してくれるといっても過言ではありません。キャッシングの利用は、夜間や土日、祝日でも手続きができます。そして来店しなくてもパソコンや携帯電話で手続きができ、お金を借り入れることが可能です。奨学金返済が苦しい状況が生じた時、スピーディーにお金を借りることができるキャッシングは、頼れる存在であるといえます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 増額をバンクイックから断られる方はこの会社で! All Rights Reserved.