銀行系のクレジットカードの審査は厳しいか

キャッシングベスト3

銀行系のクレジットカードの審査は厳しいのでしょうか

クレジットカードを作りたいと思っています。いろんなクレジットカードがあるとは思いますが、安心度の高い銀行系のところで作りたいです。これまでクレジットカードを持ったことがなく、審査とかもよくわからないのですが、銀行系のクレジットカードの審査は厳しいでしょうか?

他に比べると銀行系のカードの審査は厳しめ

クレジットカードデビューをされるんですね。始めてのことで選ぶのも申込みをするのもドキドキすると思います。自分の納得できるところを選んで利用して下さいね。

さて、まずは審査についてお話しましょう。

クレジットカードの審査ですが、審査のポイントは三つになります。「返済能力」「安定した収入」「明確な居場所」です。クレジットカードは高額な買い物を現金ではなく、翌月一括払い又は分割払いで支払うのに利用します。つまり、本来購入時に物と現金を交換するところ、クレジットカード会社に一時立替をしてもらうのです。現金が手元になくても物が購入できます。そうなると、クレジットカード会社としては支払いをしてくれないと困ります。そのため、延滞せずに返済してくれる能力と安定した収入があることが必要条件になってきます。

また、クレジットカード会社には信頼されることが必要となるわけで、それの一つとして明確な居場所です。しっかりした住所があることで一定の生活を行っていることになります。それが信頼できる人であることの判断基準にもなっているのです。

ご質問者様がどのような生活状況であるかはわかりませんが、始めてのクレジットカードということは今までカードでの延滞などはしていないと思います。しかし、ひとつ注意したいのは、携帯電話代金を延滞した経験があると返済能力が低いと判断され審査に落ちる可能性があるのです。また、勤務歴が短すぎても安定した収入の部分で審査に落ちる可能性があることは覚えておきましょう。

このようにクレジットカードは審査を行われて通るとカード発行になるわけです。

クレジットカードは銀行系のものと信販系・流通系と呼ばれる3種類があります。信販系・流通系はポイントサービスなどカード特有の割引・ポイントが特徴のカードです。反対に銀行系はポイントなどは信販系・流通系には劣りますが、その分、提携している銀行の引落し手数料が無料であったり、ローンの金利が低めで受けられたりと銀行特有のサービスが実施されています。また、なんと言ってもご質問者様がおっしゃるように銀行の名がついていると安心度が他よりも高いです。ただ、その分審査が厳しいのも本当です。

ただ、審査の基準は上の三つはどこも重要視していますが、他の細かい基準は明確に公開はされていないため、一つ落ちたからといって全て落ちるのかというとそうでもありません。簡単に通る場合もあります。クレジットカードを申込むときには、まずは上三つのことを確認して申込むのがいいと思います。

クレジットカードは便利で楽なものです。しかしながら、お金を扱うことに違いはありませんので、利用には充分注意して無理のないようにしましょう。

銀行系のクレジットカードの審査と注意すべきこと

銀行系のクレジットカードは審査が厳しいという傾向があります。ですから、誰にでも持つことができるというわけではありません。ですから、申し込みをしても断られることもあるという点には注意しておかなければなりません。誰でも持つことができるわけではないのです。

では、どの余蘊場合に断られるのでしょうか。まず、信用力に問題がある人の場合には、まず断られると考えておきましょう。例えば、過去に借り入れをしてまだ返済をしていないままにしていると言うときには、これは金融事故情報として扱われます。銀行は信用力を調査する段階で、事故情報についても調査を行いますから、このような経験があると断られることになります。

次に、年収に制限がある場合もあります。雇用形態はともかくとして、ある程度の年収がないと借りることができない場合も多いのです。その金額についてはそれぞれで異なっているのですが、300万円くらいあれば断られる可能性は低くなるでしょう。この条件については、銀行によって異なっていますから、申し込みをする時点でその条件を良く確認しておく必要があります。年収以外にも、例えば年齢に制限を定めていることもありますから、これも確認しておきましょう。

銀行系のクレジットカードに申し込みをすると、自宅や勤務先に電話確認が行われることがあります。(※参照サイト:《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう!)信販系や消費者金融系とは違って、銀行系の場合には銀行名を名乗って電話がかかってくる事もあるのです。これが嫌だという人の場合には、確認の電話がない銀行を選ぶのも良い方法です。銀行によってスタンスが異なりますから、電話の確認がない場合もあるのです。

銀行系と言っても、一つではなくて様々なラインナップをそろえていることもあります。ゴールドカードになるとかなり厳しくなることもありますが、レギュラーカードであればどちらかというと持ちやいという傾向がありますから、断られたくないというのであれば、レギュラーカードから申し込むのも良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 増額をバンクイックから断られる方はこの会社で! All Rights Reserved.